糖尿病網膜症とは

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは

糖尿病網膜症というのは、糖尿病の合併症の1つで、糖尿病というのは、よく知られているように、血糖値が高くなる病気のことです。

初期では、糖尿病網膜症は、自覚症状がほとんどないので、自覚症状がでた時には、既に手遅れということもよくあります。

そのため、糖尿病網膜症の疑いがあるような人は、血糖コントロールに加えて、定期的な眼底検査を受けるよう努めることです。

糖尿病腎症、神経症とともに糖尿病網膜症は、糖尿病の3大合併症の1つとして挙げられていて、成人の失明原因の第一位になっています。

糖尿病網膜症は、その進行の程度によって、大きく分けて三段階に分けられます。血糖値のコントロールが良くなれば、単純糖尿病網膜症は、改善する可能性があります。

次に、前増殖糖尿病網膜症があり、これは、単純網膜症より、一段階進行した状態になります。

これは全く自覚症状がないこともあり、前増殖糖尿病網膜症は、多くの場合、網膜光凝固術を行う必要が出てきます。

そして次の段階として、増殖糖尿病網膜症があり、これはかなり進行した段階で重症の部類に入ります。

糖尿病網膜症の症状

糖尿病網膜症というのは、糖尿病になった人が、目の中に生じる病気の1つになります。

そして、糖尿病網膜症が進行すると、網膜に浮腫を生じたり、硝子体中に出血したりして、視力が低下するので、初期の頃に症状がないからと言って放置してはいけません。

糖尿病網膜症は、糖尿病の人が起こす目の病気で、目の血管に色んなトラブルを起こして、視力の低下、そして最悪、失明に至るものです。

日本では、糖尿病網膜症の失明者は年間3000~4000人もいると言われているので、非常に恐ろしい病気です。

糖尿病網膜症は、眼の病気の中でも、一番、自覚症状が現れるのが遅いと言われていて、糖尿病になって10年くらい経過した時に、症状が出てきたりします。

糖尿病網膜症の悪化の段階ですが、最初の段階では、ほとんど自覚症状というものはありません。

次の段階の糖尿病網膜症でも、自覚症状はほとんどなく、毛細血管が部分的に目詰まりする程度です。

そして、次の段階の糖尿病網膜症になると、その自覚症状として、飛蚊症が出て視野がぼやける症状が出ます。