ウェルネスダイニング糖尿病食事宅配

糖尿病を指摘されるとまずは食事療法からはじまります。糖尿病の食事療法では、血糖値を上げないことが本原則です。糖質とカロリーは多すぎても少なすぎてもいけません。

また、少々体調が改善してきたからといって自分で判断で食生活習慣を元に戻すのは厳禁です。これまでのように何度も無駄な苦労をしないように、担当の医師や看護師・管理栄養士と連携して長期的な目標を見据えて食事療法に取り組みましょう!

食事制限のある糖尿病食を作るのは大変!

  • 管理栄養士が栄養バランス・カロリー・塩分・糖質に配慮し安全な食材で飽きのこない献立内容!!
  • 糖尿病食の宅配は冷凍弁当なのでマイペースで無駄なく管理できます!!
  • 糖尿病食だけど、見た目や味に物足りなさを感じない!!
  • 糖尿病食のお弁当はダイエット中の方にもピッタリ!!

腎臓病食の宅配サービスがあなたを助けます!

糖尿病は一度かかると、死ぬまで付き合っていかなければならない病気です。

糖尿病の治療の上で食事療法は非常に重要な位置を占めます。やはり、一番は栄養などを考えて食事を摂ることが大事になってきます。

しかし、そうはいっても仕事をしていたり、時間がなかったりということで、なかなか理想の食事を作って食べるというのは難しかったりします。

そこで最近話題になっているのが食事宅配サービスです。糖尿病の方向けに管理栄養士と料理のプロが栄養のバランスやカロリーを考えて料理を作って宅配してくれます。

もちろん、糖尿病の方だけでなく、糖尿病予備軍の方や栄養のバランスを考えた食事をとりたいという方にもおすすめです。

糖尿病の食事宅配サービスの選ぶなら

食事宅配サービスならどこでもよいということではありません。いろいろ見てみるとおいしそうな食事のラインナップのありますが、糖尿病や予備軍の方には向かない宅食サービスも多くあります。

しかし、腎臓病食の宅配サービスをうまく利用すれば、厳しい食事制限も無理なく続けていくことが可能です。

腎臓病食の準備に負担を感じている方は、腎臓病食の宅配サービスを強くおすすめします。

ウェルネスダイニング

 
糖尿病食事宅配
 


糖尿病の理想的な食事と摂取カロリー

糖尿病と診断されたら食事を見直す必要があります。外食や飲み会が多い方は、なるべく家族と一緒に食事をするようにします。

家族の協力も必要で、白米を玄米や雑穀米に変えるだけでも効果があります。ワカメや味噌、豆といった普段食べているもので症状を改善していくことができます。ワカメや味噌なら味噌汁に使えますし、豆を使ったおかずもたくさんあります。

他にもきのこ類や野菜類といったものがありますが、きのこ類や豆腐は、おかずの量増しにもなります。食物繊維もたっぷり含まれていて、便秘解消効果や余計なものを体外に排出することもできます。健康な方の一日の摂取カロリーは標準体重に30カロリーをかけた値が理想と言われています。

糖尿病の方は、かなりオーバーしているので、カロリー計算された食事が必要となります。一日に3食、バランスよく摂取することが大切で、無理な食事制限は、リバウンドの原因にもなるため、控えるように心がけます。

糖尿病だからといって焦ってダイエットするとストレスも溜まってしまいます。糖尿病は甘いものを控えた方がいいと言われていますが、全く、食べてはいけないわけではありません。最近は、糖尿病予防ができる食品も発売されていますから、このようなもので料理するのもおすすめです。

糖尿病のレシピには食物繊維を中心に

糖尿病の食事療法の基本は、毎日3食規則正しく食べることと低カロリーを心がけることです。メニューは、野菜中心に食物繊維やビタミン、ミネラルを積極的に摂取するものが良いです。

特に食物繊維は、血糖値の上昇を抑制したり体内に脂質が吸収されるのを防ぐ働きをするので、糖尿病の改善や予防に非常に効果的です。野菜だけでなく海藻類も食物繊維やミネラルが豊富なのでおすすめです。

以上のことをふまえ、糖尿病の食事療法に適したレシピをご紹介します。

根菜とキノコの煮物

大根や人参やごぼうなどの根菜と鶏の胸肉をノンカロリーのゴマ油で炒めます。表面がこんがりしてきたら、シイタケとシメジを加えます。

そしてかつお出汁と醤油と砂糖少々で煮込みます。具がやわらかく煮えたら出来上がりです。根菜もキノコ類も食物繊維が豊富で低カロリーなのでおすすめのレシピです。

切干大根の五目煮

一般の切干大根の煮物に具材を増やすことで満腹感や栄養分を増加させるレシピです。

まず切干大根と干しシイタケをそれぞれ水で戻します。その間に人参と油あげを千切りにしておきましょう。豚コマと人参をゴマ油で炒めます。

そこに切干大根、干しシイタケ、糸こんにゃく、油揚げを加え、出汁汁と少々の醤油と砂糖で煮込めば出来上がりです。

大根シイタケ人参に食物繊維がたっぷりで、さらに大豆製品である油あげ、ノンカロリーの糸こんにゃくを加えてあるため、低カロリーなのに栄養満点で食べ応えのあるレシピです。

糖尿病の改善に、ぜひお役立てください。

食事制限が必要な糖尿病の人の外食

食事制限をすることが必要な糖尿病の人でも外食をしたいことはあります。入院しないで自宅で食事療法をやっていたりすると医者から食事の指導があるのですが、食事内容は塩分、糖分など調味料は少なめの薄味でカロリーなども制限することになってきます。

そんなときに外食をすることは禁物かもしれないのですが、もし万が一外食せざるを得ないことがあったら食べるものも選ぶべきです。

血糖値を上げやすいうどんや丼物はダメなのですが、できれば薄味な和食などを選ぶのがふさわしいです。食べかたも血糖値の上昇にも気を付けたいので野菜から食べたりしてご飯も少なめにします。とにかく出された1人前を完食することは不要です。

定食を頼むのが好ましいのですが、野菜を食べる量は定食にもサラダがついてくるはずなので好都合です。定食だったらお刺身定食や焼魚定食などあっさりとしていてヘルシーなものがよくてあまり、揚げ物系は油も多いのでカロリーも高くなってしまうので避けるのがいいです。

味噌汁や漬物などは塩分も高いので残したほうがいいのですが、食事制限付きだというなら外食でもご飯はオーダーするときに減らしてもらうか半分残して全部食べないことです。

糖尿病の食事療法の注意点は食べ方

糖尿病の治療で食事療法を行う場合、注意点は食べ方です。食べる量を減らすことや甘いものを食べないことなどを徹底することだとイメージしがちだったりしますが、実際は食べる量も定量でいいのです。

甘いものも食べ過ぎない程度だったら食べても大丈夫です。ただし、血糖値を上げやすいのもあるので甘いジュースやおまんじゅうなどの甘い食べ物を一度に食べ過ぎることは良くないのでたまに食べるくらいならまったく我慢することは必要ないです。

食事の内容というのは食べる量よりも質が大切なのですが、1日3食食べて間食はやめたほうがいいです。摂取カロリーの範囲内で1日3食の食事の内容を決めることになっているのですが、野菜でもカロリーオーバーをすることもあったりするので食べ過ぎは注意したいことです。

食べ方は早食いをしないようにしたいのでゆっくりとよく噛んで食べるのが消化吸収もスムーズになります。栄養バランスなど偏っていたりしないほうがいいので何でも食べることで栄養が摂ることができるのです。

調理方法も揚げ物などカロリーが高くなりやすいのです。同じお肉を食べるにしても茹でたり蒸したりすることでお肉のカロリーは随分と違ってきます。

糖尿病食事宅配イメージ