ウェルネスダイニング糖尿病食事宅配

糖尿病を指摘されるとまずは食事療法からはじまります。糖尿病の食事療法では、血糖値を上げないことが本原則です。糖質とカロリーは多すぎても少なすぎてもいけません。

また、少々体調が改善してきたからといって自分で判断で食生活習慣を元に戻すのは厳禁です。これまでのように何度も無駄な苦労をしないように、担当の医師や看護師・管理栄養士と連携して長期的な目標を見据えて食事療法に取り組みましょう!

食事制限のある糖尿病食を作るのは大変!

  • 管理栄養士が栄養バランス・カロリー・塩分・糖質に配慮し安全な食材で飽きのこない献立内容!!
  • 糖尿病食の宅配は冷凍弁当なのでマイペースで無駄なく管理できます!!
  • 糖尿病食だけど、見た目や味に物足りなさを感じない!!
  • 糖尿病食のお弁当はダイエット中の方にもピッタリ!!

腎臓病食の宅配サービスがあなたを助けます!

糖尿病は一度かかると、死ぬまで付き合っていかなければならない病気です。

糖尿病の治療の上で食事療法は非常に重要な位置を占めます。やはり、一番は栄養などを考えて食事を摂ることが大事になってきます。

しかし、そうはいっても仕事をしていたり、時間がなかったりということで、なかなか理想の食事を作って食べるというのは難しかったりします。

そこで最近話題になっているのが食事宅配サービスです。糖尿病の方向けに管理栄養士と料理のプロが栄養のバランスやカロリーを考えて料理を作って宅配してくれます。

もちろん、糖尿病の方だけでなく、糖尿病予備軍の方や栄養のバランスを考えた食事をとりたいという方にもおすすめです。

糖尿病の食事宅配サービスの選ぶなら

食事宅配サービスならどこでもよいということではありません。いろいろ見てみるとおいしそうな食事のラインナップのありますが、糖尿病や予備軍の方には向かない宅食サービスも多くあります。

しかし、腎臓病食の宅配サービスをうまく利用すれば、厳しい食事制限も無理なく続けていくことが可能です。

腎臓病食の準備に負担を感じている方は、腎臓病食の宅配サービスを強くおすすめします。

ウェルネスダイニング

 
糖尿病食事宅配
 


糖尿病の理想的な食事と摂取カロリー

糖尿病と診断されたら食事を見直す必要があります。外食や飲み会が多い方は、なるべく家族と一緒に食事をするようにします。

家族の協力も必要で、白米を玄米や雑穀米に変えるだけでも効果があります。ワカメや味噌、豆といった普段食べているもので症状を改善していくことができます。ワカメや味噌なら味噌汁に使えますし、豆を使ったおかずもたくさんあります。

他にもきのこ類や野菜類といったものがありますが、きのこ類や豆腐は、おかずの量増しにもなります。食物繊維もたっぷり含まれていて、便秘解消効果や余計なものを体外に排出することもできます。健康な方の一日の摂取カロリーは標準体重に30カロリーをかけた値が理想と言われています。

糖尿病の方は、かなりオーバーしているので、カロリー計算された食事が必要となります。一日に3食、バランスよく摂取することが大切で、無理な食事制限は、リバウンドの原因にもなるため、控えるように心がけます。

糖尿病だからといって焦ってダイエットするとストレスも溜まってしまいます。糖尿病は甘いものを控えた方がいいと言われていますが、全く、食べてはいけないわけではありません。最近は、糖尿病予防ができる食品も発売されていますから、このようなもので料理するのもおすすめです。

糖尿病のレシピには食物繊維を中心に

糖尿病の食事療法の基本は、毎日3食規則正しく食べることと低カロリーを心がけることです。メニューは、野菜中心に食物繊維やビタミン、ミネラルを積極的に摂取するものが良いです。

特に食物繊維は、血糖値の上昇を抑制したり体内に脂質が吸収されるのを防ぐ働きをするので、糖尿病の改善や予防に非常に効果的です。野菜だけでなく海藻類も食物繊維やミネラルが豊富なのでおすすめです。

以上のことをふまえ、糖尿病の食事療法に適したレシピをご紹介します。

根菜とキノコの煮物

大根や人参やごぼうなどの根菜と鶏の胸肉をノンカロリーのゴマ油で炒めます。表面がこんがりしてきたら、シイタケとシメジを加えます。

そしてかつお出汁と醤油と砂糖少々で煮込みます。具がやわらかく煮えたら出来上がりです。根菜もキノコ類も食物繊維が豊富で低カロリーなのでおすすめのレシピです。

切干大根の五目煮

一般の切干大根の煮物に具材を増やすことで満腹感や栄養分を増加させるレシピです。

まず切干大根と干しシイタケをそれぞれ水で戻します。その間に人参と油あげを千切りにしておきましょう。豚コマと人参をゴマ油で炒めます。

そこに切干大根、干しシイタケ、糸こんにゃく、油揚げを加え、出汁汁と少々の醤油と砂糖で煮込めば出来上がりです。

大根シイタケ人参に食物繊維がたっぷりで、さらに大豆製品である油あげ、ノンカロリーの糸こんにゃくを加えてあるため、低カロリーなのに栄養満点で食べ応えのあるレシピです。

糖尿病の改善に、ぜひお役立てください。

食事制限が必要な糖尿病の人の外食

食事制限をすることが必要な糖尿病の人でも外食をしたいことはあります。入院しないで自宅で食事療法をやっていたりすると医者から食事の指導があるのですが、食事内容は塩分、糖分など調味料は少なめの薄味でカロリーなども制限することになってきます。

そんなときに外食をすることは禁物かもしれないのですが、もし万が一外食せざるを得ないことがあったら食べるものも選ぶべきです。

血糖値を上げやすいうどんや丼物はダメなのですが、できれば薄味な和食などを選ぶのがふさわしいです。食べかたも血糖値の上昇にも気を付けたいので野菜から食べたりしてご飯も少なめにします。とにかく出された1人前を完食することは不要です。

定食を頼むのが好ましいのですが、野菜を食べる量は定食にもサラダがついてくるはずなので好都合です。定食だったらお刺身定食や焼魚定食などあっさりとしていてヘルシーなものがよくてあまり、揚げ物系は油も多いのでカロリーも高くなってしまうので避けるのがいいです。

味噌汁や漬物などは塩分も高いので残したほうがいいのですが、食事制限付きだというなら外食でもご飯はオーダーするときに減らしてもらうか半分残して全部食べないことです。

糖尿病の食事療法の注意点は食べ方

糖尿病の治療で食事療法を行う場合、注意点は食べ方です。食べる量を減らすことや甘いものを食べないことなどを徹底することだとイメージしがちだったりしますが、実際は食べる量も定量でいいのです。

甘いものも食べ過ぎない程度だったら食べても大丈夫です。ただし、血糖値を上げやすいのもあるので甘いジュースやおまんじゅうなどの甘い食べ物を一度に食べ過ぎることは良くないのでたまに食べるくらいならまったく我慢することは必要ないです。

食事の内容というのは食べる量よりも質が大切なのですが、1日3食食べて間食はやめたほうがいいです。摂取カロリーの範囲内で1日3食の食事の内容を決めることになっているのですが、野菜でもカロリーオーバーをすることもあったりするので食べ過ぎは注意したいことです。

食べ方は早食いをしないようにしたいのでゆっくりとよく噛んで食べるのが消化吸収もスムーズになります。栄養バランスなど偏っていたりしないほうがいいので何でも食べることで栄養が摂ることができるのです。

調理方法も揚げ物などカロリーが高くなりやすいのです。同じお肉を食べるにしても茹でたり蒸したりすることでお肉のカロリーは随分と違ってきます。

糖尿病食事宅配イメージ

 

糖尿病食事宅配サービスのメリット

どんな食事にも言えることですが、自分で食事を用意する場合毎回のメニューをその都度考えなければなりません。特に糖尿病の食事は多くの制限がある中で、一からメニューを考えることは容易なことではありません。

しかし宅配食サービスのシステムを利用すれば、とても大変で面倒くさい毎食のメニューを考える必要もなくなります。その上、自分で用意するときのようにスーパーに買い出しに行く時間や、料理をする手間も省けるため、忙しくて時間の余裕のない人にとっても非常に便利です。

自炊ではなく、家族やヘルパーさんに用意してもらう場合でも同様に手間もかからずに作り手の負担もなくなります。

宅配食は自分で作る時のお手本

糖尿病食の宅配サービスはその他にもメリットはたくさんあります。

たとえば、自分で食事を用意したいと考えたけど、これまで調理経験のない人もいらっしゃいます。その場合、どんなメニューを考えれば良いかまたどうやって作れば良いのか分からないはずです。

そんな時は、まず宅配食サービスの料理を見てどのようなメニューがあるのか、どうやって作られているかなどを知ることができます。今後、自分で食事を用意する際のお手本にもなります。

また、糖尿病の食事は、味気がなくあまり美味しくないと考える人が多いのではないでしょうか?しかし、糖尿病食の宅配サービスは、管理栄養士が食事制限に配慮して、おいしくて飽きのこないさまざまなメニューが用意されています。面倒なことやストレスを感じることなく、必要な食事制限が可能です。

糖尿病食事療法とは

糖尿病における基本的な治療法が食事療法であることは一般的に知られていることですが、そもそもなぜ食事療法が必要で、食事療法とはいったい何をすれば良いのでしょうか?これは糖尿病という病の根本に深く関係があります。

糖尿病には1型と2型の2種類があります。1型はインスリンを分泌するために必要なすい臓内の細胞が壊れ、インスリンが全く分泌されなくなってしまうもので、2型はストレスや肥満・運動不足からインスリンがうまく分泌されず機能しなくなることです。

そして、食事から吸収されるブドウ糖をうまくコントロールする役割のインスリンが少なくなりあまり機能しなくなったことで、血液中にブドウ糖がどんどん溜まり、高血糖を引き起こしてしまいます。その状態が続けば、体にさまざまな悪影響を及ぼします。

その状況を解決するために、食事療法で血糖をコントロールします。1型の場合は、体外から補給されるインスリンの調節をしやすくし、2型の場合にはすい臓の負担を少なくし、その働きを助けることでインスリンの分泌を促進させる必要があります。

加えて、食事療法をしっかりと行うことは、運動療法など他の治療の効果を上げることにも繋がります。

糖尿病食事療法の注意点

糖尿病の食事療法で、特に注意しなければならないことは、正しいエネルギー量であること、そして栄養バランスの取れた食事であることです。

まず正しいエネルギー量とは、性別、年齢や身長、体重そして日々の活動レベルによってそれぞれ異なってきます。活動レベルとは、デスクワークか肉体労働かなどの仕事の内容や通勤スタイルなどに合わせてそれぞれ違ってくるものです。そのため、自分の身体や日々の生活でどれだけ動いているかに合わせて一日の食事量も調整することが大事です。

一日3食規則正しく食べる

そして一日のエネルギー量が適切だからといって良いわけではありません。もっとも大事なのはその食事の摂り方です。一度にまとめて食べるのではなく、一日3食規則正しく食べることを心掛けましょう。また食事の内容にも注意が必要です。

きちんと栄養の摂れた食事か、糖分や塩分が多すぎてはいないかなど考えて食事を摂ることが大切です。

しかしそうは言っても、栄養バランスなどを考えて食事を選ぶのは大変です。「糖尿病食事療法のための食品交換表」や、外食などの場合には「栄養成分表」を確認していくと良いでしょう。

そして毎日何をどれだけ食べたかを、きちんとチェックしていけば自然と正しい食事が習慣化され食事療法の負担が徐々に少なくなります。

糖尿病食の調理で塩分・糖質を減らすには

調理をする上で塩分や糖質を減らすのは一見難しそうに感じられますが、実はちょっとした工夫で簡単に抑えることができます。まずは塩分の抑え方について考えていきましょう。

料理において塩は欠かせないもので、あまりに塩気がなさすぎても味が薄くてまったく美味しく感じられないものです。調理する上で、いかに塩分を抑えて美味しい料理を作るかが重要になってきます。

塩分を抑えて美味しい料理を作る方法はいくつかあります。

素材の味を楽しめるような新鮮な食材・調味料を使う

香りや風味を楽しめるわさびや大葉、酸味を感じられるお酢やレモン。辛味を感じられるからしや七味唐辛子・カレー粉などを使って味わい深い料理を作る。

かつおや昆布・煮干しなどで十分に出汁を取ることも、塩分を抑えることに繋がります。また一つの調理法だけでなく、焼き物や煮物・揚げ物など調理の種類を増やすと目先が変わり味わいにも変化をつけることができます。

糖質を減らすには

まずは糖質の少ない食材を選ぶことが重要です。海藻類や野菜類、チーズやバターなどの乳製品と納豆や豆腐などの大豆製品・卵などを使うと良いでしょう。しかし野菜の全てが糖質の少ないものと考えてしまいがちですが、気をつけた方が良い野菜もあります。

人参・かぼちゃ・玉ねぎには糖質が多く含まれているため注意が必要です。食材以外に注意しなければならないのが調味料です。味付けの際に少量を心がけても、数種類の調味料か重なればおのずと量も増えます。みりんやソース類は、糖質オフの製品を使うのがおすすめです。

血糖値を抑える食事方法

インスリンは血液中のブドウ糖のコントロール、すなわち血糖値の上昇を防ぐために欠かせないものですが、インスリンは過剰に分泌されると体に悪い影響を及ぼします。

インスリンが過剰に作られることがなぜいけないのか、その答えはインスリンの持つ特徴にあります。インスリンの特徴とは、血糖値を下げるのと同時に血液内の糖分を脂肪に変え、その脂肪は体内に蓄積されることです。

ではインスリンを過剰に分泌させないためには、いったいどうすれば良いのでしょうか?それは血糖値の上昇を緩やかにすることです。

血糖値の上昇を緩やかにするためには食事の順序がとても大事です。空腹時や忙しい時は、どうしても短時間で一気にたくさん食べてしまいがちです。そのような行為は血糖値を急上昇させる最大の原因です。

血糖値を急上昇させないためにも、まず始めに糖の消化や吸収スピードを遅くする働きがあり食物繊維を多く含む、海藻類や野菜を食べてください。先に海藻類や野菜を食べることにより、血糖値を抑えるだけでなく、ある程度お腹を満たすことができるので、余分な脂質や糖分の摂取も防ぐことができます。

先に海藻類や野菜を食べた後に、肉・魚類の主菜、ごはんやパンなどの主食、最後にデザートといった順番で食べていくことで血糖値の急上昇抑えることができます。

血糖値の急上昇を抑えるには、食事の順序だけでなく、できるだけよく噛んでゆっくり時間をかけて食べることがとても大切です。

糖尿病と高血圧

これまで、食事の際の血糖値のコントロールについて重点的に述べてきましたが、実はそれ以外に糖尿病の患者さんが気をつけなければならないことが高血圧です。

厚生労働省の平成28年度の調査によると、現在糖尿病を治療しているかもしくは糖尿病の疑いがある患者の数は概ね2000万人程で、なおかつその約半数が高血圧を併発しています。

この割合に至るほど、糖尿病はなぜ高血圧を引き起こしやすいのでしょうか?まず、高血糖の状態では血液量が多くなってしまうということが挙げられます。

どうして高血圧になるの?

血液中のブドウ糖の濃度が高いとき、血液の特性上その濃度を薄めようと血管の外から水分を取り込み、体内を循環する血液量が増えます。それが高血圧に繋がります。

その他にも高血圧は、肥満の人にしばしば起こる交感神経の緊張によって、体内にアドレナリンなどが過度に分泌されることや、糖尿病性腎症の合併などから引き起こされます。

糖尿病と高血圧の併発はとても厄介なことに、体にかなりの悪影響を及ぼしてしまいます。たとえば糖尿病と高血圧の併発によって、引き起こされる動脈硬化は血液に大きなダメージを与え、心臓病や脳血管疾患になる可能性が高くなります。

また高血圧は糖尿病と同じように初期の自覚症状がほとんどないため、気付いた時には併発していることが多いのが実情です。したがって、血糖値の上昇を注意するのと同時に血圧にも目を向けることが大切です。

高齢者の糖尿病

高齢になると、体のあらゆる運動機能が衰えてきます。内臓に関してもそれは同じで、すい臓から分泌されるインスリンの量も減ります。そのため高齢者には糖尿病の患者さんの割合が高い傾向にあります。

同時に、高齢者の場合、ただでさえ自覚症状の出にくい糖尿病に、身体機能の衰えが原因で、より気づきにくくなります。そのため気付いた時には糖尿病の合併症や動脈硬化がかなり進行している可能性があります。

さらに糖尿病を持っている高齢者の方はその他の人よりも認知症になる可能性が高いとも言われています。

高齢者の糖尿病の治療

高齢者の糖尿病患者さんも、食事療法・運動療法・薬物療法で治療します。食事療法・運動療法・薬物療法にも注意点がいくつかあります。

食事療法の難しさは、食事の栄養管理をしっかりできない事や、それまで何十年と同じだった食生活を変えなければならないことでストレスがたまり体調を崩すことです。

そして高齢者の場合、運動機能の衰えから思うように体を動かせないことが増えてくるため、運動療法は無理をせずに行う必要があります。

また高齢者の方にとって糖尿病を治療するために薬物療法はとても大きなサポートになりますが、一方で注意しなければならないのが副作用です。

糖尿病に使われる薬には、重症低血糖の副作用があります。あまりにも血糖値が低いと、くらくらしてしまったり、力が出なくなってしまったりといった症状が出てくるので、その際にジュース類から糖分を摂るなど、十分に注意が必要です。

高齢の糖尿病患者さんの場合は、どの治療法においても自己管理や自己判断できないことが多々あります。栄養管理や運動方法、体の異変など些細なことでも医師や看護師に相談することは糖尿病治療の重要な項目です。